logo

【12月10日まで】キリンビバレッジ
肩こり・腰痛解消セミナーフォローアップページ

肩こり・腰痛とおさらば!
凝固まった身体を開放フィットネス

セミナー当日に行ったエクササイズをピックアップ!
すきま時間に毎日チャレンジしましょう!


【注意事項】
・運動開始前に、手足を動かし周囲のものに手足が当たらないことを確認しましょう。
・運動は痛みのない範囲で、ご自身のペースに合わせて行ってください。
・運動中、こまめに水分補給を行いましょう。
山本 チャーリー 周平 氏

講師プロフィール
山本 チャーリー 周平

・米国BOC公認アスレチックトレーナー
・日本代表男子アイスホッケーチームトレーナー(現役)
・日本オリンピック委員会医・科学強化スタッフ
・コードブック株式会社執行役員

ウォーミングアップ


エクササイズ


セミナー当日頂いたご質問とそのご回答は以下よりご参照ください。


Q. 頸椎のヘルニアで時々左腕が痛くなるのですが、なにかよいストレッチはありますか。

A. 頸椎のヘルニアは繊細な怪我なので、あまり遠隔でお伝えするのは難しいのですが、恐らくストレートネックなどが関連しているのではないかなと思います。

その際には、胸の筋肉や首の前側の筋肉(胸鎖乳突筋)をほぐしてあげるとストレートネックが緩和されます。

ただ、痛みが増してしまう場合にはいったん中止してください。

Q. ストレッチをすると足がつるのですが、ストレッチを続けてもだいじょうぶでしょうか。

A. 足がつる理由は、3つほどあります。

・水分不足(人間は一日2リットルほど水分をとらなければいけません)

・姿勢などの乱れで、筋肉が過剰に使われている(スイッチが常にオンの状態なので、筋肉がけいれんしやすい状態になっています)

・これも姿勢の乱れで、筋肉のバランスが悪く神経を圧迫している可能性があります。

恐らく、お尻周りや肩甲骨回りの筋肉が固まっていると思いますので、4の字ストレッチや、Wのポーズなんかが良いと思います。