ご利用企業様の声

女性従業員も利用しやすい福利厚生サービス!
見た目の良さがお客様にも好評

ミドリ安全株式会社

導入の目的 以前の福利厚生サービスは補充が手間だったうえに、利用者が男性に偏っていた
導入の決め手 テレビ番組での紹介を機に、見た目の良さが気に入った
得られた効果 利用者の男女比が改善され、補充などの作業も改善できた
ミドリ安全株式会社  取締役CIO 古谷 武彦さん

ミドリ安全株式会社は、安全靴メーカーとして1952年(昭和27年)の創業以来、「安全・健康・快適職場への奉仕」を社是に、47都道府県すべてに170以上の販売拠点を設ける安全衛生保護具のリーディングカンパニーです。ECサイトにも力を入れており、ECモールへの出店だけでなく、独自のECサイトを法人向け・個人向けとそれぞれ開設しています。常に時代のニーズ、お客さまのニーズを確実にキャッチすることで新しい提案型ビジネスを進めています。

健康経営を全社的に推進
健康管理室の指導員が定期的に健康指導

当事業所には71名の従業員がおり、ECサイトの運営やコールセンター業務を行っています。

全社的に健康経営に取り組んでおり、社内の健康管理を担当する指導員が運動や野菜の摂取などの指導を従業員に行っています。しかし、家庭を持っている従業員もいれば独身の従業員もいます。また、住宅街というオフィスの環境下のため、近隣に飲食店が少ないという問題もありました。 そんな中、KIRIN naturalsがテレビで特集されたのを見て、気軽に野菜が摂取できると思い、導入を決めました。従業員のうち6割が女性ですが、特に女性からの評判が良いです。

働き方改革の取り組みも開始
従業員の意見を反映

健康経営と同時に、働き方改革にも積極的に取り組んでいます。

従業員にアンケートをとったところ、来客時に提供するコーヒーについての意見がありました。これまでは、コーヒー豆を挽いて淹れたてのコーヒーを提供していたのですが、コーヒーが飲めない方もいます。従業員にとっても、コーヒーのために豆だけでなく水を運んだり、来客の度に通常業務を中断したりと運用に手間がかかっていたので、即断でミネラルウォーターの提供に切り替えました。業務時間内で仕事を終えられるように、こうした業務の棚卸しを行っています。

コンビニサービスは、女性受けしないだけでなく運用も大変だった

以前は、オフィス向けのコンビニサービスを導入していました。コンビニサービスは女性受けしないという面だけでなく、在庫スペースの確保や商品の補充が手間といったアンケートの回答を受けて見直しを行いました。

オフィススペースが限られている中で、従業員も増えている、商品撮影用のエリアやお客様との打ち合わせスペースも必要。自販機だったら、業者の方が来てくれてすべて詰めて変えてくれるので、従業員はお金を入れて買うだけで済みます。けれど、オフィスコンビニサービスで冷凍ケースも入れていたのですが、補充用にたくさんストックを置いて、その入れ替えが大変な作業になってしまいました。お菓子も置いたらさらに拍車がかかり、小さいコンビニのようになってしまいました。商品がなくなったらなくなったで、「あれがない!これがない!」とはじまってしまって。調整がきかなくなったため、導入を見直しました。

お菓子やカップ麺では、女性従業員のケアができなかった

オフィス向けのコンビニサービスは、男性受けは良いものの女性の利用率が低かったことが課題でした。もっと女性のケアができるサービスはないか、と考えていたこともあり、KIRIN naturalsの導入は良かったと思います。

ちょうど導入から1ヵ月が経ったところですが、発注した商品が完売して新たに注文したタイミングになります。味も野菜感がなく、フルーツジュースを飲んでいる感覚が良いです。従業員も、意識的に食事を抜かす場合や、朝食が食べられなかったときに食事代わりに飲む機会が多いようです。朝の出社時や、お昼のタイミングによく利用されます。

お客様の受けが良いというメリットもありました。商談でご来社頂いた際に、自販機よりも先に目が行くので、会話のきっかけにもなりやすいです。

お問い合わせ・資料請求

無料トライアルも可能です。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。