ご利用企業様の声

社内のウォーキングイベントとウェルネスポイントを連携させ、利用促進!
季節のイベントに合わせたセミナーの開催で、従業員の健康意識向上へ

株式会社日立社会情報サービス様

導入の目的 健康経営の一環として、テレワークによる運動不足が懸念される従業員に自主的な健康管理を促すため
導入の決め手 在宅で取り組める短時間の健康プログラムが豊富なことと、ウェルネスポイントが後押しになった
得られた効果 社内ウォーキングイベントなどと連携させることで、健康意識の機会創出につながった
株式会社日立社会情報サービス 経営管理本部 勤労部 勤労グループ 部長代理 山中寛通さん
株式会社日立社会情報サービス 経営管理本部 勤労部 勤労グループ 林田愛由さん

株式会社日立社会情報サービスは、システムインテグレーション事業、システム運用サービス事業、パッケージ・ソリューション事業を柱として、情報技術と社会イノベーションに挑戦するIT企業です。プロジェクトを立ち上げ従業員の働きやすさやコミュニケーションに配慮してハイブリッド勤務を導入するなど、従業員の安全と健康のため積極的に取り組んでいます。

テレワークに伴う、従業員の運動不足への懸念が導入のきっかけ

弊社の健康経営の取り組みとして、かねてより外部の著名人や有名人を講師として招いて健康セミナーを開催するなど、社内活性化に向けたイベントを積極的に取り組んでいました。

ところがコロナ禍となり、従来のように従業員を集めたセミナーやイベントを開催することが難しくなり頭を悩ませていました。さらに、急激な働き方の変化(テレワーク化)により、従業員の運動不足に対する懸念があり、従業員全員が参加しやすい健康への取り組みはないものかと考えていました。

そのようななか、かねてよりキリンビバレッジさんと関係があった社内の別部署を経由しキリン ナチュラルズの紹介いただいたことが導入検討のきっかけとなりました。

実際に3ヶ月トライアルとして利用させていただき、「使いやすい」「スムージーがおいしい」といった声があがるなど、トライアル結果も好評でした。

また、私たちの懸念事項であった従業員の運動不足解消につながるセミナーが充実していること、貯めたウェルネスポイントを商品に交換できる制度があることなど、従業員の利用継続性も含めた判断を行い導入を決めました。

社内のウォーキングイベントと連携し、
参加率向上とコミュニケーション増進へ貢献

昨年度(2021年度)は、日立グループの健康保険組合が提供している個人向けの健康ポータルサイトに連携される歩数管理を活用して、個人戦でウォーキングイベントをおこないました。

この振り返りとして見えた課題が、各人によって結果にとても差がでてしまうことと、個人で頑張ればよいため、チームコミュニケーションの活性化に繋がり辛いという点です。

そこで今年度(2022年度)はチーム対抗色を強く出す形に見直しを行うこととしました。

チームコミュニケーションの活性化を行う目的としては、コロナ禍となり、テレワークで働く従業員もいるなか、従業員同士の会話が業務進捗の話題のみとなり雑談が減るなど、チームでの信頼関係構築に必要なコミュニケーションを向上していきたいということでした。

そこで、運動不足解消だけではなく、社内のコミュニケーション向上にもつながるようにという望みを込めての対抗戦です。

※画像はイメージです。

チーム内の平均歩数で競うため、「チーム目標は〇〇歩にしよう!」という目標の共有と、立てた目標に向けて「歩いてる?」などの声掛けにより業務以外のコミュニケーションにつながることを期待しています。

また、健康施策の更なる浸透に向けて、今回は特別にキリンビバレッジさんとも相談を行いキリン ナチュラルズの利用促進企画(健康セミナーへの参加や、動画を視聴した方へ追加でウェルネスポイントを付与)を実施頂くこととしました。

今年度のウォーキングイベントの実施はこれからですが、キリン ナチュラルズの健康セミナーのテーマに『ウォーキング』を追加し、全体施策としての告知を積極的におこなうことで、社員の健康意識向上につながるよう取り組んでいます。

チーム内の声掛けにより参加エントリー数も伸びています。

グループ内の健康ランキングアップにもつなげたい

日立グループの健康保険組合では、健康スコアリングレポートの結果を参考にグループ内で健康ランキングが出されています。よりランキング上位をめざして、キリンビバレッジさんとタッグを組んでさまざまな取り組みをおこなっていきたいと思っています。

健康スコアを上げるために、健康意識が高い人は特に施策を展開しなくても自主的に改善に取り組まれますが、健康意識が低い従業員も積極的に利用し、健康意識向上につなげて頂くよう、シーズンに合わせたセミナー開催を、キリンビバレッジさんと相談しながら工夫しています。

自分の生活に近い内容にすることで、興味を持って貰え、結果視聴も増えるのではないかと期待しています。

例)忘年会や新年会シーズンを迎える12月にはお酒の飲み方についてのセミナーなど、実施頂いています。

また、健康については、知識だけあっても、実際に身体を動かしていかないと効果がありません。だからこそ、ウェルネスポイントが貯まる仕組みがそのトリガーとなればいいなと思っています。社内ではすでに「ポイ活(ポイント活動)」として、エクササイズ動画を閲覧してウェルネスポイントを貯めて活用しているメンバーもいます。

従業員全員の登録と健康意識向上を目標にタッグを組んでいきたい

まずは従業員全員にキリン ナチュラルズに登録すること、そして活用してもらうことをめざしていきます。

それにより従業員の健康意識向上にもつながり、今後も健康維持を継続するための啓発をすすめていきたいと思います。

あまり健康に興味がない従業員であっても活用したくなる、従業員同士の口コミで広まるような魅力的なコンテンツを増やしていく必要があります。

キリンビバレッジさんは、「こういったセミナーはありますか?」という弊社の相談に対して、さらに従業員に響きそうな内容を提案してくださいます。弊社の従業員の健康のために一緒に取り組んでくださる心強いパートナーです。これからもタッグを組んで、いろいろな取り組みをしていきたいです。

お問い合わせ

無料トライアルも可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。